沿革

昭和26年2月

小塩孫八氏を中心に施設設置委員会を設置。

昭和27年3月

静岡市より土地を無償払い下げを受ける。

同年8月

木造建物を建設し、更生保護受託保護の事業を開始。

昭和28年3月

「財団法人少年の家」法人を設立 。

昭和44年10月

船舶振興会の支援を受け現在地に鉄筋コンクリート2階建の新施設竣工。

平成8年4月

組織変更となり「更生保護法人少年の家」となる。

平成19年11月

建物の老朽化および対耐震の問題から全面改築に向け、新施設建設委員会立ち上げ。

平成25年8月

国、静岡県・静岡県内市町、各種団体からの補助金・助成金および企業・篤志家からの寄付金をもとに全面建替に着手。

平成26年3月

新建物竣工。